ガテン系資格図鑑

潜水士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

潜水士

潜水作業に必須の資格。海上保安官の潜水士としての業務を始め、サルベージ事業、水産物採取、潜水土木などの海洋開発での潜水業務など、潜水士の職業は広がっている。減圧症や窒素酔いなどの高気圧障害のリスクがあり、一つ間違えると命取りになりかねない危険な職業でもある。

 

資格種別

国家資格

 

受験資格

制限なし。

ただし次の者には免許が与えられない。

①18歳未満

②身体、精神の機能障害により、潜水免許に関わる業務を適正に行うにあたって必要な潜降及び浮上を適切に行うことができない者

 

試験日

年3~6回程度

(全国7ブロックの地区別に異なる)

 

受験料

6,800円

 

申込期間

受験希望日の2カ月前から14日前まで

 

試験地

全国7ブロックの安全衛生技術センター

 

合格発表

試験当日に合格発表の日を通知

 

試験科目

学科試験4時間

①潜水業務

②送気、潜降及び浮上

③高気圧障害

④関係法令

 

難易度

難易度:C

 

合格率

79.6%

 

資格試験のHP

公益財団法人安全衛生技術試験協会|潜水士

コメントを残す

*