ガテン系資格図鑑

酸素欠乏・硫化水素 危険作業主任者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

酸素欠乏・硫化水素 危険作業主任者

トンネルや下水道敷設のような酸素欠乏の危険性がある作業現場に必要な資格。

講習を受講し、学科と実技の修了試験を合格して修了。

 

資格種別

国家資格

 

受験資格

18歳以上なら、学歴、実務経験に制限なく受講できる。

 

試験日

1ヶ月に1度(3日間)

 

受講料

21,600円

 

申込期間

 

試験地

 

合格発表

 

試験科目

技能講習会を受講し、修了試験をパスして資格を得る。

①酸素欠乏症、硫化水素中毒及び救急蘇生に関する知識(3時間)

②酸素欠乏及び硫化水素の発生原因、防止措置に関する知識(4時間)

③保護具に関する知識(2時間)

④関係法令(2時間30分)

⑤救急蘇生の方法(実技2時間)

⑥酸素及び硫化水素濃度の測定(実技2時間)

合計 学科11時間30分、実技4時間

以上の講習を受講して学科・実技の修了試験に合格して修了

 

難易度

難易度:C

 

合格率

ほぼ100%

資格試験のHP

一般財団法人日本産業技能教習協会|酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*