ガテン系資格図鑑

基礎施工士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎施工士

建設の基礎工事技術者。

建設の工事において重要な専門分野である基礎工事の中の「場所打ちコンクリート杭工事」に従事する技術者を対象とする検定。

資格種別

民間資格

 

受験資格

次のいずれかにあてはまる実務経験が必要。()内は指定学科以外を学んだ場合の実務経験年数。

①大学卒業後、実務経験1年6ヶ月(2年6ヶ月以上)

②短大、高専、専門学校(2年生)卒業後、実務経験2年6ヶ月(3年6ヶ月)以上

③高校卒業後、実務経験3年6ヶ月(5年6ヶ月)以上

④そのほか、実務経験8年以上

※実務経験とは、基礎工事に関する経験のすべてをいう。

※指定学科とは、土木工学、建築学、機械工学、都市工学、電気工学、地学、衛生学、等

試験日

11月

 

受験料

19,500円

 

申込期間

9月上旬~10月下旬

 

試験地

東京、名古屋、大阪、広島、福岡

 

合格発表

試験日から2ヶ月以内に合否通知

 

試験科目

場所打ちコンクリート杭工法について(設計、土質、安全衛生、寒冷法令、主材料、施行、等)

 

難易度

難易度:B

 

合格率

19.6%

 

資格試験のHP

一般社団法人日本基礎建設協会|基礎施行士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*