ガテン系資格図鑑

危険物取扱者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

危険物取扱者

発火性または引火性の強い危険物の製造、貯蔵、取扱いをするガソリンスタンドや化学工業等で、危険物を取り扱ったり、保安の監督をするための資格。免状は、甲種、乙種、丙種の3つに分けられ、乙種はさらに第1類から第6類まで細かく分けられている。社会的ニーズは高い資格。

 

資格種別

国家資格

 

受験資格

甲種:次のいずれかに該当する者。

①大学、短大、高専、専修学校等で、化学に関する学科か過程を修めて卒業した者、またはこれに準ずる学力を有すると認められた者。

②乙種危険物取扱者の免状の交付を受けた後2年以上、危険物製造所、貯蔵所、取扱所等で、危険物取扱いの実務経験を有する者。

③次の4種類以上の乙種危険物取扱者免状の交付を受けている者、㋐第1類又は第6類、㋑第2類または第4類、㋒第3類、㋓第5類

④修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻した者。

 

乙種・丙種:制限なし

 

試験日

都道府県による

 

受験料

甲種:5,000円

乙種:3,400円

丙種:2,700円

 

申込期間

 

試験地

各都道府県が指定する試験場

 

合格発表

 

試験科目

択一式の試験で次の科目について行われる

甲種:

①危険物に関する法令

②物理学及び化学

③すべての種類の危険物の性質とその火災予防及び消化の方法

 

乙種:

①危険物に関する法令

②基礎的な物理学及び基礎的な化学

③第1類~第6類のうち、受験する類の危険物の性質とその火災予防及び消化の方法

 

丙種:

①危険物に関する法令

②燃焼及び消化に関する基礎知識

③丙種危険物取扱者が取り扱うことのできる危険物の性質とその火災予防及び消化の方法

※乙種・丙種には試験科目の一部免除制度がある

 

難易度

難易度:C(乙種第4類)

 

合格率

乙種第4類:31.8%

 

資格試験のHP

一般財団法人消防試験研究センター|消防試験研究センターHP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*